業務用脱毛器をリースで導入する時の注意点

脱毛サロンで業務用脱毛器をリース契約によって導入しようとする時には次のような点に注意することが大切です。

リース契約ではリース業者が提案した業務用脱毛器の中から希望のものを選択し、一定の期間賃借するという契約を結びます。


契約時には事前に予備審査を受ける必要がありますが、基本的には個人事業主であればリース契約をすることが出来ます。


メリットとしては、高価な業務用脱毛器を購入するための初期費用を準備する必要が無かったり、金融機関から満足のいく融資を受けることが出来なかったりした時に、毎月数万円という少額の費用で機器を導入することが出来るという点が挙げられます。

業務用脱毛器使いやすさが好評です。

また、購入した際に必要な減価償却の手続きや固定資産税の納付なども不要なので、最初の事務手続きを簡素にすることができます。ただし、リース契約の場合初期費用は少なく抑えることが出来ますが、長期間の契約を行うと業者の手数料が上乗せされたリース料の総額が購入した時の代金を上回ってしまうので、結果的に機器を購入した時の方が割安になってしまいます。


また、リース契約の場合は一定の期間は解約するためには違約金が発生してしまう契約期間が定められていることが多いので、仮にサロンの運営が軌道に乗らなかった場合には、違約金を払って解約しなければいけなくなるリスクも伴います。



そのため、業務用脱毛器をリース契約によって導入しようとする時には、これらの費用的なメリットとデメリットをよく理解して、適切な期間による契約を結ぶことが大切です。