”寂しい”という幸せな祝福

 

 

 

”寂しい”っていうのが恋に似たきゅんと切ない感覚

と昔知ったときも、寂しさは辛いものだったんだけど

今日はこころゆくまでそれを、幸せに味わった

 

なんでもない、1日

 

 

今日の日記noteに書きました

 
長い冬があけたあとの、
雪解けた景色は
なんだか寂しさまでもを
やわらかく彩るようで
久しぶりに「寂しい」という感覚のなかで
しくしく涙を流したら、
大切な家族や、まだ見ぬ誰かのぬくもりを恋しいことが
これほどまでに
幸せなことなんだとそう思った。
 

続きを noteで販売してます

 

いろいろ実験中。
ゆっくり古い記事を移行と、新しい記事はいま
一個が最低設定100円なのですが
月額の審査が通ったら、そちらを購読していただくほうがおとくです。

よかったら購入して読んでくださいね

 

noteのアカウントは、登録もシンプルで簡単なので
ぜひフォローよろしくおねがいします。

読んでいただけたら、
これまでの全てが報われるきもちがするとおもいます。

 

 

あと料理教室のキッチンスタジオに打ち合わせにいったところ
告知用にFBページを作成してくださいと
言われたので、
二ヶ月ぶりにアカウントを戻すことにしました。

 

もともとのアクアエスリスのページを
料理教室のページにタイトルを変えて使う予定です。

あれこれ準備中。

そちらも以前からフォローしていただいていた方は
あらためて、なんだか一回離婚したのにまた同棲しちゃう?

くらい恥ずかしいですが

再開よろしくおねがいします。

 

 

今日は初の出版の企画の打ち合わせもやって面白かったです。

それぞれ、

 

 

「わたし、山下シリーズファンです」とか

「アガペ担当」とか。笑

 

 

今日は「絶望系好きです」と言ってもらえて、
ヘド吐く時間をひたすら言葉に起こすことをやりつづけ

「こんなことをして一体意味があるんだろうか」と自問自答することすら
(それをしたら最後)せずに淡々と二重三重に苦しみを重ね
記録を続けた

まっくら闇の時間もまた

 

報われる気がしました。

 

協力してくださる方がた、本当にありがとうございます。

 

 

 

 

適度な距離感で

これから世界にもっと露出していけるように

楽しむぞー^^

 

 

 

 

記事を有料アカウントnote に手作業でコピペして移す作業は、
とても時間がかかるので

 

軽めのエッセイ的な外国に住んでいたときのささやかな経験の記録や、
食べることに関するコラム的なものに

ご興味ある方は

ひきつづき編集作業を手伝ってくださる方募集しますので

お問い合わせお待ちしています。

 

 

 

ああ、今日もしあわせないちにちだった。

 

新しいことを始めるにあたって、

だからこそこれまでのセラピストとしての仕事が、

合間に入る、相談のメッセージや投げ込みが
集中して打ち込めるというか

 

限られた範囲に絞ったことで

そこに注げる愛のありかたが以前とは違って

とても心地がいいです。

 

 

全てをセラピストとしての時間に費やしていたときは

苦しくなることもいっぱいあったけれど

今そういうメッセージをいただくと

スペースが大きい分レスポンスも早く

 

女神に引き戻される感覚が嬉しいです。

 

 

 

新しい活動に関わってくださるかたも
もともとのわたしの在り方を未だにしっかり必要としてくださるかたも

これから出会っていくひとびとも

全てに感謝です。

 

 

 

おやすみなさい

世界中に愛を。

 

 

 

 

 

 

Commentする

投稿時メールアドレスは表示されません *は必須です